痔の原因となると、便秘を想像する方も多いと思います。確かに、痔の発症原因で一番に挙げられているのが便秘です。何故、便秘をすると痔になりやすいかと言うと、排便時に必要以上に長くいきむ事になり、肛門部を圧迫するようになります。そのため、肛門に負担が掛かって、肛門のまわりの静脈もうっ血しやすくなり、いぼ痔になってしまうリスクが高まるのです。また、無理に硬い便を出そうとする摩擦で、肛門付近の皮膚が切れてしまい、切れ痔にもなりやすくなります。便秘になると、腸内に便が溜まり、肛門部を圧迫するようになって、血行が悪くなりますので、この事も痔に悪影響を与えます。便秘にならないようにするためには、腸に良いと言われているものを積極的に摂取するようにして、便意があった時には我慢しないでトイレに行くようにする事が大切です。一方、下痢のような軟らかい便は、肛門への負担も少なく、痔とは関係ないと思われがちですが、下痢も十分に痔に対して悪影響を与えています。確かに、下痢の場合だと、排便時に痛みを感じる事はあまりありません。でも、下痢は通常の便よりも多くの菌を保有しています。そのような便が、肛門付近にある、通常は入らないような肛門腺窩と言うポケット状のくぼみに入り込んでしまうと、バイ菌に感染し易くなってしまい、痔ろうの原因になる場合もあるのです。このように、便秘も下痢も痔には悪影響を及ぼす事が判っていますので、健康的な食生活を送るように心掛けましょうー